脱臼


昨日の 4月20日 木曜日

午前中の散歩は車でチョットの遊歩道へ。
あずきが初散歩した公園でパチリ♪


その後近くの広い公園へ。
広場を伸縮リードで走り始めた~

が、走り出した瞬間に足の運びがおかしい!
と思ったら、
左の後ろ足を縮めて他の3本の足で走ってる!

足を痛めたんだ!

てか、足3本で普通に走ってる!
しかも速い!( ̄O ̄;)

と、色んな驚きと焦りに襲われつつ
慌てて走るのを止めて足の様子を見ました。

座り込んで立ちたがらないので、
少し落ち着いてから再び立たせると
普通に立てた。

足を触ってみるけれど痛がる部分はない。
脱臼だろうか…と、
両足を上からなぞるように触り比べてみても
素人の私では違和感は感じられない。

しばらく座り込んでいたけれど、
その後は普通に歩き、段差も平気。
歩き方も後ろからや横からじっくり眺めるけれど
通常通りに見える。


もう少しでフィラリアの薬の時期だし、
健康診断の血液検査もそろそろだ~
と思っていたので、
急遽、昨年末以来の千歳市の病院へ。


途中、千歳の道の駅で軽く散歩~

普通にノリノリで歩いてるー

渡り途中の集団カモさん達に近付き逃げられる~


と、何事もなかったかのように歩けてます。


病院で触診してもらったところ、
骨は折れてない。

膝が脱臼したんだろうとの事。
やっぱりか…

2年ほど前のルアーコーシングの際
走り終えた後にうずくまって立てなくて
足を痛めたのかな…と様子を見て、
しばらくしたら復活した事が。
それも脱臼だったのかな?と思っていたので
その事も説明。
(↑の後、当時通っていた病院でも
相談はしていましたが特に問題なしでした。)


一応痛み止めを3日間。
散歩は2日くらいお休み。
(気まぐれに出来る家トイレも、
昼間は散歩に行けると思ってまずしないので
お仕事散歩はしますが(^-^;)

ルアーコーシングの話しをしたので
ドッグスポーツの事について、
フリスビーやアジリティは
やはりワンコの身体に負担が掛かるので
オススメしないと。

どこまでするかは飼い主の判断だけれど…
お遊びでやってるフリスビーも
あずきが好むジャンピングキャッチも
最近は体への負担を考えてさせてないけど
やっぱり控えよう…


膝蓋骨脱臼…
外れて自然に入って…
軽いものだろうし、痛みも続かず元気なので
今後も外れるかどうか、
これからの様子をよくよく観察して行きます。

家のフローリング部分にもカーペット敷こう…


そして、
血液検査の結果はまったく問題なし♪


フィラリアの検査も陰性で
美味しいお薬をもらってきました~


5月の中旬から開始してとの事。
今まで毎月1日にあげてたから忘れそうな…

6ヶ月分まとめて購入しちゃったので
ドッグドックを予定してる年末まで
何事もなく通院せずに済むといいな。


帰り道、
散歩禁止令が出たものの
帰宅に1時間以上の車移動なので軽くだけお散歩~

この公園も昨年末の通院時以来だね

広~い芝生に、走りたそうにしていたけれど
息抜きだけして終了です



帰宅後、お父ちゃんの出迎えにハシャいで
遊びたがってへそ天して暴れて…と、
心配する親の心子知らず~

元気なのは何よりだけれど
安静養生中はほどほどでお願いしますよ~(;´Д`A
スポンサーサイト

食事反応性腸症

朝は薄っすら白くなったりするものの、
まだ積雪ゼロのあずき地方。
でも急激に冷え込んできました~

なのでネットで買ったらブカブカだった洋服着用。
男の子みたいな色柄だけど安かったからいいのだ!
真剣にケリケリ!



昨日の散歩で通った、鮭が遡上する川では、
鮭を捕獲するウライを撤収作業~
冬だなぁ…としみじみ。






前回長々と書かせてもらった検査の件。

先日結果を聞きに病院へ行ってきました。



(文章と関係ない写真載せまーす)
(病院へ行く前に立ち寄る千歳の道の駅)



ドッグドックの結果は…特に問題なしでした!

尿検査も問題なし。

血液検査の各項目の数値も問題なし。


エコー検査時に気になった心臓弁の逆流は
やはり治療対象ではない程度。

激しい運動等をしてもOK♪
(ルアーコーシングできるぞ!
 来年も遠征行けたらいいなぁ)



(病院の帰り道に寄る公園。広~い芝生の広場がサイコー!)



動きの悪い腸の蠕動運動も様子見。

レントゲンでは、やはり肝臓の小ささを確認。
先天性の「門脈体循環シャント」(たしか←だったと…)
の可能性もあり得るかもしれないが
血液検査の結果も問題ないので、これも様子見。

肝臓の小ささと
低脂肪フードが合う(=脂肪分NG)に関係がある?
と思ったが、関係性はないらしい。


以前の病院での検査で膵臓の数値が高かったため、
血液検査のオプションで調べた「TLI」も正常値。

やはりステロイドの副作用で
一時的に上がっていたのかも…(未確定)



(日曜日は昼過ぎから白老へ~
 気になっていた珍味屋さんがセールをしてたので♪)
(買い物後は近くの白老漁港のインカルミンタル(眺望の広場)へ)



検査結果は拍子抜けするほど何事もなく、
先生も座って「問題ない」と言うばかりで
「なにも仕事してないみたいだ~」と笑ってたくらい^^

様子見というか経過観察が必要な点もあるので
また来春くらいに検査する事になりました。



(海と山が望めます♪)



そして一番問題なあずきのポンポンのはなし。

薬も止めて、低脂肪フードのみの食事に切り替え
食事療法を始めて、この時まで、、、
(その後今日現在までも)
ウンPの状態も体調も良好。


こ…これは…

抗菌剤やステロイドに頼らずにいける
『食事反応性腸症』であろう。と!!

キターーーー!



(壁犬~この後、一瞬頭が抜けなくなって焦った~(;´Д`A ))



また慎重に様子を見る必要はあると思いますが、
投薬ナシの生活が過ごせる!

投薬もないので、定期通院もしなくて良くなりました。

ずっと病院通いをして、薬も飲み続けていたので、
いいの?ホントにいいの?
本当に大丈夫なの?
と未だにビクビクしている小心者ですが(;^_^A



(すぐ近くの公園。子供たちの手形の前でパチリ)



食べるものは食事もオヤツも低脂肪の療法食
ヒルズのi/d LowFat ドライ。

例えば、他メーカーの低脂肪フードに替える
またはプラスするのは?と聞いてみましたが、
ハイリスク・ハイリターンだと言われました。

「今のフード」は合っているけれど、
それに「似たフード」が合うか?は分からない。
ギャンブルだと。

先生的には
「僕はあげない。けれど、僕の奥さんはあげるかも?」
って感じで、
それを決めるのは飼い主の考え方次第。

まだ食事療法を始めたばかりなので、
状況を見つつ考えていきたいと思います。
飽きっぽいあずきが飽きずに食べ続けてくれるといいなぁ
メーカーでのトラブルなどもありませんようにっ



(ポロト湖にも寄ってみました~
 すぐ近くは何度も通ってるのに実際に来るのは初めて!)


飲んでも害はないから~と
整腸剤をもらい食事に入れていますが、
最初の一週間くらいはそれも飲ませず
様子を見てみました。
(先生にギャンブラーだと言われた( ̄▽ ̄;))

また、今まで飲ませていた
ビール酵母や酵素ふりかけ。
これは、あくまで民間療法で、
例えば「酵素で免疫力が上がる」ことは
医学的にはなんの根拠も上がっていないそうで、
こちらも飼い主の考え方次第。

ただ、原因を知るためには
あれこれ混ぜて与えるのではなく、
シンプルイズベストですよ。と。

確かに。
今まで何が良いのか悪いのか、
分からなくなったりしていたので、
サプリ系も今は入れずに過ごしています。


今日も立派なウンPをしてくれました!
食欲もしっかりあります!

食事療法開始から2週間弱。
その後もこの調子で過ごせたら
もうバンバンザイです\(^o^)/



(木道も歩いたよ♪)



IBD(炎症性腸疾患)と診断されて
ずっと薬を飲み続けた、この3年ほどの期間。

こうなってみると、
もっと私が早く行動していれば、
あずきのOPPの回数も減っていたかもしれないし、
必要じゃない薬を飲ませてしまっていたのか…
と思うと、あずきに申し訳なかった…という気持ちも。

(ネット等でネガティブな情報を受け入れちゃって
 自分で自分の首を絞めてたので自業自得ですが)
毎日悩んで凹んで、状態の良くない時には
マイナス思考バリバリで夜中に過呼吸になったりと、
一人相撲?してたな…と

遠回りしちゃったなぁ~
でも今たどり着けて良かったとも思います。

あっ今までの病院の批判をしたい訳では
全くないのですよ~!



(真剣!真顔!ブレブレ!)


今のところ食事反応性腸症という事で
落ち着いてくれそうです!

えっとえっと
これ、喜んでいいのよね?!

今まで調子いい!と喜んだと思ったら
ポンポン急降下で気分も急降下~
ってパターンを何度も何度もしているので
かなり用心深くなってます(;´▽`A``


まぁね、
残念ながら「健康体!」になった訳ではないので
その辺は浮かれず、慎重に見守っていきます!


ご心配や応援くださった皆様
ありがとうございます!


引き続きがんばっていきまっしょー!
(最後は気合の家族写真♪)

慢性腸症

相変わらず積雪ゼロなあずき地方です。


基本裸族なあずきですが洋服着用~


先週ですが、思う所があり
家から一時間ほどの隣市の動物病院で
ドッグドックを受けたので、
エコー検査でお腹剃られちゃったのです~

なので冷え防止に寒い日は服着用!


腹出して寝ている写真を撮ろうと思ったら…
ギロリ…
ゴ…ゴメンナサイ…

改めて、遊んでいる時に♪
乙女のお腹丸見え!恥ずかしい~(*ノωノ)
なのでフィルター掛けてみました♪
矢印の所は心臓を診る為のソリソリ


ドッグドックは
血液検査・レントゲン・エコー検査・便、尿検査。
結果は1~2週間掛かるのでまだですが、
エコー検査は私も見せてもらいながらだったので、
気になる所、大丈夫な事などを説明してもらいながら。


心配な点は…

心臓の弁が少し逆流している。
エコーの性能次第では分からないくらいの軽いもので、
治療が必要なものではない。
加齢からくるものでしょうとの事。
要経過観察。

そして、肝臓が小さい。
小肝症かな…???と。
生まれつきなのか、何かがあっての小ささなのかは
判断が付かないので、血液検査の結果も含めて
これも要経過観察。

腸が動いていない。
腸といえば、いわゆる蠕動(ぜんどう)運動で
波うっているイメージですが、
まーっすぐ。
先生が思わず「ミルフィーユみたい…」と言うくらいに!
そうかな~とは思っていたけれど、
見事な動かなさで、もう笑っちゃうくらい(;^_^A

そして、内臓があるべき場所にない!
これは、他の病院でのエコー検査の時にも言われた事で、
全体的にかなり上の方にあります。
(副腎も小さいと言われた事があります。
  上の方にこじんまりと内臓があるのね…)

だからお腹がペッタンコなんだよね…
腹毛ソリソリされて更にウエスト細っ


安心した点は…

腫瘍などは見当たらない!

そして、以前、胆泥があると言われて
ここ数年ずっと薬(ウルソ)を飲んでいましたが、
今回は胆泥は見えない!
もしかしたら以前のエコー検査の時に見間違えたか、
薬が効いて無くなったのか。
判断はつかないけれど、現在はないので、
今ある薬を飲み終えたら薬は休止。


検査結果が出たらまた病院に行って
説明を受けてきます。ドキドキ。。。


(無関係な写真で小休止)
先日、よく行く遊歩道を外れて、初めての道を散歩。
かわいい名前の公園をハシゴ~

みずから乗ってご満悦でした♪


さてさて。

タイトルの『慢性腸症』…


最初の病院で
『IBD(炎症性腸疾患)』
であろうと診断されてから3年以上。

その後病院を二度変えましたが、
紆余曲折ありつつも、結果どこでもIBDの対処…
つまりステロイド剤の投与で
下痢などの症状を抑えてきました。

(IBDの診断は
 全身麻酔の内視鏡検査でしか確定できず、
 IBDだと分かっても根本的な治療方法がないので
 診断確定しても結局ステロイド投与しかなく、
 どの病院でもおススメされませんでした。)


が、今回行った病院では、
「今は最初にIBDという診断はしないようにしている」と。


あずきの様に下痢を繰り返す状態は
『慢性腸症』で、IBDはその中の一つ。

先生が本をコピーしてくれたので、そちらの表↓

『食事療法』は、
アレルギーに対応したフードのみ
もしくは低脂肪食フードのみ
各々2週間続けてみて、改善されたら『食事反応性腸症』

改善されなかったら『抗菌薬の投与』…

と、順序立てて調べて、
それでもダメなら内視鏡検査をして~
の、IBDの診断。
『免疫抑制療法』…つまりステロイドの投与です。

その診断がつく前にステロイドを投与すると、
本来の原因ごと抑えてしまうので、
どの状態なのか判断できないのです。

これは、大学病院などでも行われている、
基本的な診断アプローチだといいます。

目から鱗でした!


3年以上ずっと
「IBDかもしれない。」
「IBDの可能性が高い。」
「たぶんIBDなのだろう。」
という状態で暮らしてきました。

でも、IBDじゃないかもしれない!
ずっと願っていた可能性。
それを探せる機会が巡ってきました。

とは言え、検査を続ける上で
内視鏡検査が必要になった時…
正直、全身麻酔で検査…には
まだ抵抗がある気持ちも否めませんが。。。

それが必要な状態になったら考えればいいか。
まだそこまで考えなくてもいいよね~
先走りして心配し過ぎ!


という事で、まずは食事療法を始めました。

ゴハンもオヤツも
「i/d Low Fat」のドライフードのみ。

毎日あげていた脂肪0のヨーグルトも
ご褒美にしていた低アレルゲントリーツもなし!
オヤツもドライフード。

薬もなし。サプリもなし。
(残り分のウルソはなくなるまで投与)

長年、毎食なにかしらの薬を入れていたので
ちょいと不安でしたが、
今のところはウンPもいい状態。
しっかりモリモリ食べてくれています。


このまま不調が出ず過ごせたら、
この食生活をずっと続けて行きます。
薬に頼らず過ごせたらいいな…

結果は望んでいるのとは違うかもしれない。
光が見えた分、その時は落ち込むかもしれない。
でもしっかり検査をして納得ができれば
腹をくくって向き合えるような気がします。


まだ始まったばかり。
まずは焦らず。


穏やかな寝姿をずっと見られますように!


※ ※ ※
「IBD」等で検索してこの記事を読まれている皆様。
我が家のようなパターンもありますので、
獣医師へ相談等されるのも手かと思います。

が、今回出会った獣医師も言っていたのですが、
「ネットには嘘がある」です。
私も不安で色々検索して更に不安を募らせました。

もちろん為になる情報も収集できますが、
それが故意ではなくとも
勘違いなどで誤情報が散乱しています。

今回の記事も、正しく書いたつもりですが、
私のド素人フィルターを通してる時点で
間違って伝わる事があるかもしれません。

なので、鵜呑みにすることなく、
信頼できる獣医師に相談してくださいね!
がんばりましょう!
※ ※ ※


↓は備忘録も兼ねてつらつらと細かく書いています。
文字だけです。スルーどうぞです~

あずきカルテ 5/7

ちょいと更新の間が空いてしまい、
写真がたまっております…

しかもiPhoneばっかりで撮影しているので
画像の整理に目がチカチカ(;^_^A




GWのお出掛けを書かなきゃなのですが、
その前に、あずきのOPP備忘録です…( ノД`)


5月7日 土曜日

あずき父は仕事の平日。
朝は雨がザンザン降り…

ゆっくり起きたと思ったら
外に出たがって焦る…

が、早めに雨が止んでくれたので、
散歩に出るとOPP~

前回のOPPが4月21日だったので
半月ほどで再び…orz

ちょうど定期通院の時期でもあるし、
速攻で病院へゴー!


この季節の変わり目、
お腹を壊して来院するワンコが
わんさかいるそうで~

体重も減少していないし、
前回と同じ処方で…という事で
注射を2本チックン!!

前回は2本目で「キャン!」と言っちゃいましたが、
今回は血が結構出ちゃったのに
グッとガマンしていました。
エライねぇ~おりこうちゃんやねぇ~(*´з`)

診察が終わって待合室で。




不満気。。。

いじけた背中





ぐったりしてるのかな…
と思ったら、大きな柴っ子さんが来たら
盛大に元気にガウガウしてましたー(;´Д`)


次回の通院は何事もなければ7月なので、
6月~11月分のフィラリアの薬
(こちらの病院では前年に薬を確実に飲んでいたら
 血液検査は必要ないとの事でした)

そして、ノミ・マダニ駆除剤…
以前スポットタイプを付けたら痒がる素振りを見せたので
怖くなって、なるべく付けずにいたのですが、
先日でーっかいマダニにくっ付かれて
(喰いつかれる前に気づいて取りました)
やっぱり怖くなったので相談。
食べるタイプの駆除剤を試してみる事に。

フィラリアの薬のお肉系チュアブルも
大丈夫なので、こちらも問題ないかな?
とは思いますが、
なにせポンポン弱い子なので慎重になります。

※大豆アレルギーのワンコはNGらしいです。

更に、ダニィを駆除する成分を
スポットで体に付けて舐めちゃう可能性があるのも、
更に食べて体内に取り入れるのも、
本当は怖い…とも思っちゃうのですが…(悩)

フィラリアの薬、骨型のじゃなくて
小さい錠剤型でした。
美味しいお薬、小さくて残念だね~~


病院を出て車に乗ったら
何か言いたげなあずき…

定期通院の時、診察が終わったら
ご褒美オヤツを進呈するのですが、
それが欲しかったみたい(^▽^;)
食欲復活しとりますがなー

帰宅後も「ゴハンは?」って待ってるし~

少しだけフードと酵素のふりかけと水分を取らせたら
落ち着いて寝てくれました!

夕食も食欲あり!

日課のヨーグルトも食べちゃいました~





翌日以降、食欲も戻り
ウンPも通常に戻っていきました。


気持ちよさそうな寝顔が
本当にうれしい!

また安定した日が続いてくれますように。。。


↓は、いつものように
自分用詳細備忘録です~
スルーして大丈夫ですっ

次回はGW記事の続きを更新しまーす♪


あずきカルテ4月/同行避難ガイドライン

色々あって更新が滞っておりましたが…

熊本、大分を中心とする九州各所での
大きな地震から10日。
被害にあわれた皆さまには
心よりお見舞い申し上げます。

厳しい環境に置かれている方々
そして動物たちが、
安全な屋根の下で安心して眠れる日が、
心の平穏を取り戻せる日が、
少しでも早く来ますように。


先日、地元の新聞に書かれていましたが、
苫小牧近辺にも活断層があり
同様の地震に襲われる危険があるそうです。

市内には活火山もあるし、
広く海に面しているし…
何かあったらどこに逃げればいいのか~
と、ご近所さんと話したりしています。

逃げるにしても、あずきは絶対に絶対に
なにがあっても!絶対に置いて行けない!


既にご存知の方が多いとは思いますが、
環境省はペットとの同行避難を基本としています。

パンフレットやガイドラインがあります。

top.jpg

cover.jpg

動物と暮らしていない方はご存じないでしょうし、
私自身いざって時に避難所で理解してもらえるよう
うまく説明できるとは思えないので、
以前からお守りのように
スマホに↑の二つをブックマークしたり
メモに保存したりしています。

黄門様の印籠のような効力はないでしょうが
トラブルを少しでも防止できればと、備えとして。

今も動物との同行避難で苦労されている話を
耳にします…
国が推奨するならば環境づくりもされて欲しい…
理解が進んでくれる事を願うばかりです。



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



更新が滞っていたのは自粛していた訳ではなく

先日からPCが?マウスが?不調で
いきなりカーソルが動かなくなったりして、
その度に再起動でイライラ…

やっと記事を書き上げたら
公開する寸前でPC固まって再起動でオジャン!

そのままそっとPCを閉じ、その後は
やる気メーターが上がらずでした(^-^;

その消えた記事はまた後日(たぶん)改めて書くとして


そんなこんなしていると一昨日、
久々にあずきがOPP… _| ̄|○

ここからはその備忘録です~

◇  ◆

4月に入って毎週木曜日か金曜日に不調になる…

朝起きたら、外に出て草を食べたがる。
ウンPは普通だし吐きもしない。
でも食欲不振で帰宅後胃腸薬飲ませて
一寝入りすると何とかフードを食べる~
のパターンでした。

で、一昨日の21日(木)にとうとうOPP…

調べたら、前回最後のOPPは一昨年の4月6日。
2年ぶりでした!

その間草食べ、嘔吐、軟便などはあったものの
ベースが腸疾患持ちのポンポン弱い子なのに
2年間もPPする事なく過ごせてた!

密かに、ポンポン弱い子返上か?!
なんて小さな期待もよぎったりして~

欲を言うなら
もうちょっと記録を伸ばしたかったけれど…

もちろん毎食の薬とサプリ、週に一度のステロイドの
おかげであるだろうけれど、
あずきのポンポン頑張りました!!


今回やっちまったOPP
草交じりの液体ゲーリーだったので
経験上(したくない経験ですが…)
こりゃダメなパターンだと判断。

帰宅後速攻病院へ。

案の定、先生に「良くない下痢」と言われ、
下痢止めと抗生剤(ステロイドも?)
2本の注射をされ
珍しく2本目で「キャン!」と鳴いちゃった~

それと先週気が付いた左脇にできていた
出来物とかさぶたが気になっていたので
診てもらったら
「おできの出来始めだろう」ですってー
加齢によって出来るやつみたいです~
そっかそっか。うんうん。シニアだもんね。
観察して行きます。

診察が終わって

やさぐれ気味な座り方で
目から早く帰りたいビーム出してました~


注射が効いたようで、
帰宅後はグッスリ眠って、夕方に起きたら
「おなかすいた!ごはん!」と要求
少なめのふやかしフードを平らげました。

鼻にしわが寄るくらい勢いよく食す!

夜の散歩でも不調は見受けられず。

翌朝(昨日)ものんびり起きて、しっかり朝食を食べて
ゴロゴロへそ天!


ベロ出しぱっかーん♪

不調の後のこの姿!安心するわ~♪

散歩も快調!


ちょっと休憩が多めだったけれど…

オヤツも食べちゃったもんね~

さすがに朝の散歩では出なかったけれど、
夜散歩では良い感じのウンP出ました!

今朝は霧雨の中の散歩だったけれど
しっかり元気ウンPしたし!

食欲もあるし!復活でーす!


しばらくは様子をしっかり見ながら過ごします~


↓自分用詳細備忘録です。スルーOKでございます~



あずきカルテ 3/11

春めいてきましたが、風邪が流行してますね。

かくいう私も風邪っぴきで今週頭からダウンしておりました~

土曜日から喉が痛かったのに
日曜日にお出掛けを強行したので
月曜日に見事に悪化という
自業自得ってやつです。


という事で、ネットもおさぼり状態で、
もう一週間前になりますが…

3月11日、あずきの通院でした。

いつものように触診してもらって
ウンPも診てもらいました。

先月あたりから、ちょっと気になっていた目の下の腫れ?

分かりにくいですが…

最初に気が付いた時より少し大きくなってきたので
こちらも診てもらいました。

「炎症かな?悪いものではなさそうだけれど、
 引き続き大きくならないか様子を見て~」
との事で、毎日じ~~~っと観察しています!


血液検査の予定だったので、採血も。

結果はまったく問題なし!

毎回結果が出るまでドキドキですが
ホッと一安心♪


薬の種類・量も変わらず。

また2か月…8週間後に通院です。


自分用備忘録のこちゃこちゃした話しは
↓折り畳みまーす。


あっ、たぶん今日中にもうひと記事アップ予定です~
予定ね よてい。

アズキカルテ 2016/1/16

お寒うございます…



昨日の夜中1時過ぎにiPhoneのお天気アプリを見たら…

マ・マ・マイナス17℃???

いや、苫小牧でこの気温はあり得ないっしょ!

しかも2時にはマイナス7℃って、一時間でどんだけ気温変動~

でも、あずき父のスマホのお天気アプリでもマイナス16℃…

いやいや、あり得ないべさ…

で、他のお天気サイトで調べるとマイナス7℃とかマイナス6℃…
たぶんこっちが正解かと。。。

何かの手違いがあったんでしょうね~
夜中に無駄に大騒ぎしたあずき家でした。
(てか、早く寝なさいよ)





一昨日、20cm弱の積雪があったあずき地方。

積もった後はずっといいお天気なので雪遊び日和が続いております。

昨日はアルテンを満喫してきました~

が、写真はまだカメラの中…
久しぶりのデジイチ写真なので2~3枚でも
ちゃんと撮れた写真があったらアップするかと…(´◦ω◦`;)





と、前置きが長いですが、本題です。

今日は昨年12月の上旬ぶりに、あずきの病院へ。

現在のあずきは体調もよく、
「なんだか印象が違うくらい毛吹きがいいね!!」
と先生が驚くくらいの冬毛フカフカ!

今までの7年間の中でも一番の毛吹きです。

毛吹きの良さは体調の良さと関係していると♪

そして、ステロイドを飲んでいると毛艶が悪くなるので
現在の週に1度、2.5mgの使用は
先生いわく『飲んでいないに等しいくらいの少量』で、
ステロイドの影響を受けていない事も要因かも^^


薬の量は現行と変わりなくですが、
次回の通院は2か月後と延びました~♪

次回は血液検査。
順調に好調のままで行って欲しい!

食べて遊んで元気に過ごせますようにっ


↓備忘録用の細かい話しになるので折り畳みまーす。

半年さぼったアズキカルテ

はい。サボってました。
自分のための備忘録用記事、サボりすぎ…


概ね元気だったのでサボっていた訳で、
この一か月以上何事もなく健やかに過ごしていて、
「調子いいじゃん♪なんかこのまま行けそうじゃん♪」
なんて油断をした途端
「甘いんだよっ!」と喝を入れられるように
今朝、私が起きたのと同時に
「胃の調子悪い…草食べに外に出たい…」と起きたあずき。

大慌てで出発して、草を食べて自己修復していました…

吐く訳でもなく、ウンPも通常で (´▽`) ホッ
帰宅後しばらくしたら食欲も出て、いつもの胃腸薬も飲んだし。
その後もぐっすり寝てくれているので一安心です♪


朝起きて↓こんな寝姿が見られると本当にホッとします。

毎朝、あずきが気持ちよさそうに寝ている事と、
トイレシートにOPPやゲロリン跡がない事を確認して
初めて安心して一日がスタートします~


さて、
サボって記録していなかった半年の間に
あずきの通院状況はかなり変わっています。


薬の種類が変わった。量(頻度)が変わった。

外耳炎になった。チッコのpHが高くなってフードが変わった。
(↑どちらも改善されて今は大丈夫です)

そして、通う病院が変わった!
(以前の病院で問題が起きたとかではないです)

IMG_4700.jpg
「今度の病院はベンチの下に隙間がないから潜って避難できないの…」


いろいろ変わりましたが、今は安定しているので
(今日はチョイ不調でしたが)
あずきの様子を見ながら、新たな病院と相談しつつ
今の現状を維持できるよう頑張らねばね。



ということで~
↓変わった事を取り留めなく長々と書くので折り畳みまーす。

スルーでOKでございます

あずきカルテ4月~ プラスshibe-drill

柴っこがドリルのようにブルブルしている写真 「shibe-drill」

(なぜか"shibe" スペル間違いじゃないですよー)

ついついチャレンジしたくなる~^^

以前twitteに載せたドリルならぬレンチっぽいヤツ


これは昨日撮ったヤツ

散歩から帰宅して、体を拭いた後のブルブルタイムに。

ドリルより抜け毛がぶっ飛んでるのが気になるわ…


さて、3月末からずっと書いていなかった、

あずきの通院記録・あずきカルテ。

嬉しい事にずっと安定していて特筆する事もなかったので…


(初夏を思わせる日差しの日、木陰のある公園へ)

潜血はあいかわらず出ているのですが。。。


(少し暑いと休憩ばっかり!)

先月末にした血液検査も何も問題ない数値でひと安心♪


(プライドロック!←ぜんぜん違うけど~ハクナ・マタタ♪)


ということで、
↓自分用備忘録あずきカルテなので続きはスルーでOKでーす♪

あずきカルテ 3/16 , 3/30

※文章は読み飛ばしOKな自分用備忘録的なあずきの通院記。
※写真は今日の通院後に寄った公園での散歩模様。
※文章と写真はほぼ直接関係ありません~


本日はあずきの通院日。

前回の昨年11月11日から4ヶ月経つし、暖かくなってきたので、
エコー検査をする事に~
(お腹の毛を剃られるのでポンポンが冷えない時期にねっ)

朝食抜きなので、いつもより早めに病院へ~
そんな時に限って混んでいて待ち時間が長かった…

(座る場所も厳しかったのでしばらく車内待機)

呼ばれて、早速バリバリっとバリカンで剃られるお腹の毛~
仰向け状態のあずきはまったく抵抗も身動きもせずいてくれるので助かります♪

先生や看護師さんに「おりこうだね~」「モデル犬になれる」と
何度も褒められておりました♪
むふふふふ♪ そんなんですよ~いいこちゃんなんですよ~ ムヒヒ


(毛のないお腹~前回よりは目立たないかな… クビレっ)

前回のエコーの時もしたんですが、今回も豪快なクシャミをしたあずき。
しかも2回、先生に鼻水直撃させてましたw
剃った毛で鼻がムズムズするのか?お腹がくすぐったいと出るのか?
とにかく診察室内爆笑でしたww


(診療後、病院からほど近い公園へ~)

検査結果は前回とほぼ変わらず現状維持!

胆嚢の白い影(胆汁が固まったもの。胆泥)も変わらず。
肝臓への出口付近に溜まっているため、流れを良くする薬が必要ということで、
途中から1日1回に減らした『肝・膵・胆道』の薬を1日2回に戻す事に。

腸の粘膜の厚さ(炎症していて少し厚い)は前回と小数点以下も一緒。
つまりは安定していると言う事!


(数年前に一度来た公園。久しぶり~♪ てか、なべなべってなんだべ?)

新たな事は…

膀胱壁もちょっと厚めらしいけれど特に問題になる程ではないよう。

副腎が小さいのかもしれない。
小さいと、ステロイドホルモンの分泌が少なく、ストレスに弱いとか…
ストレスに弱いって…正しくです。

胃などはキレイ♪


(橋♪橋♪)

という感じで、気になる事もちょこっとはありましたが、
特に重大な心配事はないです!との事でした~!!


(橋があったら渡るっしょ♪ んで覗くっしょ♪)

便検査の潜血は、
前々回 少量
前回 3プラス (がーーーっくり)
今回 2プラス (少し改善)

前回、胃薬の配合を変えました。
(たぶんザンタック錠を減らして、
胃壁をまもる系のセルベックスを増やしたかな?)


(ノンビリ歩けていい公園)

体重は、
前回8.9kgまで増えてた~~~
腸疾患的に、体重増加は良い傾向ではあるものの、
このままスクスク増えちゃうもの問題なので、
フードを減らしていた&散歩時間も増えてきた&朝食抜きで、
今回8.65kgと減っていました。
ちょっと急に減り過ぎだ…

フードの量を考えなくては。


(芝生の広場もいい感じ♪ でも少しエゾシカのフンフンが…要注意)

完治云々が難しいかもな、あずきのポンポン。
とにもかくにも現状維持。これ大事っすね。


(ベンチに座ってオヤツタイム♪)

お腹の毛も早く生えてくれるといいな~
なんてったって乙女のポンポンですからね!


(オヤツオヤツ♪イヒヒ~♪)

この頃はすっかり春めいて、気温も二桁の日が続いていますが、
またいつ冷え込むか判らないので、
お腹の毛が復活するまで、冷やさないように気をつつ過ごします!!


診療が終わったら、病院の駐車場で持参してたフードを平らげました。
空腹で胃液吐いたら困るからねっ

(ゴチっ)

薬をもらい支払いが終わったら、写真の公園へと向かいました~♪