食事反応性腸症

朝は薄っすら白くなったりするものの、
まだ積雪ゼロのあずき地方。
でも急激に冷え込んできました~

なのでネットで買ったらブカブカだった洋服着用。
男の子みたいな色柄だけど安かったからいいのだ!
真剣にケリケリ!



昨日の散歩で通った、鮭が遡上する川では、
鮭を捕獲するウライを撤収作業~
冬だなぁ…としみじみ。






前回長々と書かせてもらった検査の件。

先日結果を聞きに病院へ行ってきました。



(文章と関係ない写真載せまーす)
(病院へ行く前に立ち寄る千歳の道の駅)



ドッグドックの結果は…特に問題なしでした!

尿検査も問題なし。

血液検査の各項目の数値も問題なし。


エコー検査時に気になった心臓弁の逆流は
やはり治療対象ではない程度。

激しい運動等をしてもOK♪
(ルアーコーシングできるぞ!
 来年も遠征行けたらいいなぁ)



(病院の帰り道に寄る公園。広~い芝生の広場がサイコー!)



動きの悪い腸の蠕動運動も様子見。

レントゲンでは、やはり肝臓の小ささを確認。
先天性の「門脈体循環シャント」(たしか←だったと…)
の可能性もあり得るかもしれないが
血液検査の結果も問題ないので、これも様子見。

肝臓の小ささと
低脂肪フードが合う(=脂肪分NG)に関係がある?
と思ったが、関係性はないらしい。


以前の病院での検査で膵臓の数値が高かったため、
血液検査のオプションで調べた「TLI」も正常値。

やはりステロイドの副作用で
一時的に上がっていたのかも…(未確定)



(日曜日は昼過ぎから白老へ~
 気になっていた珍味屋さんがセールをしてたので♪)
(買い物後は近くの白老漁港のインカルミンタル(眺望の広場)へ)



検査結果は拍子抜けするほど何事もなく、
先生も座って「問題ない」と言うばかりで
「なにも仕事してないみたいだ~」と笑ってたくらい^^

様子見というか経過観察が必要な点もあるので
また来春くらいに検査する事になりました。



(海と山が望めます♪)



そして一番問題なあずきのポンポンのはなし。

薬も止めて、低脂肪フードのみの食事に切り替え
食事療法を始めて、この時まで、、、
(その後今日現在までも)
ウンPの状態も体調も良好。


こ…これは…

抗菌剤やステロイドに頼らずにいける
『食事反応性腸症』であろう。と!!

キターーーー!



(壁犬~この後、一瞬頭が抜けなくなって焦った~(;´Д`A ))



また慎重に様子を見る必要はあると思いますが、
投薬ナシの生活が過ごせる!

投薬もないので、定期通院もしなくて良くなりました。

ずっと病院通いをして、薬も飲み続けていたので、
いいの?ホントにいいの?
本当に大丈夫なの?
と未だにビクビクしている小心者ですが(;^_^A



(すぐ近くの公園。子供たちの手形の前でパチリ)



食べるものは食事もオヤツも低脂肪の療法食
ヒルズのi/d LowFat ドライ。

例えば、他メーカーの低脂肪フードに替える
またはプラスするのは?と聞いてみましたが、
ハイリスク・ハイリターンだと言われました。

「今のフード」は合っているけれど、
それに「似たフード」が合うか?は分からない。
ギャンブルだと。

先生的には
「僕はあげない。けれど、僕の奥さんはあげるかも?」
って感じで、
それを決めるのは飼い主の考え方次第。

まだ食事療法を始めたばかりなので、
状況を見つつ考えていきたいと思います。
飽きっぽいあずきが飽きずに食べ続けてくれるといいなぁ
メーカーでのトラブルなどもありませんようにっ



(ポロト湖にも寄ってみました~
 すぐ近くは何度も通ってるのに実際に来るのは初めて!)


飲んでも害はないから~と
整腸剤をもらい食事に入れていますが、
最初の一週間くらいはそれも飲ませず
様子を見てみました。
(先生にギャンブラーだと言われた( ̄▽ ̄;))

また、今まで飲ませていた
ビール酵母や酵素ふりかけ。
これは、あくまで民間療法で、
例えば「酵素で免疫力が上がる」ことは
医学的にはなんの根拠も上がっていないそうで、
こちらも飼い主の考え方次第。

ただ、原因を知るためには
あれこれ混ぜて与えるのではなく、
シンプルイズベストですよ。と。

確かに。
今まで何が良いのか悪いのか、
分からなくなったりしていたので、
サプリ系も今は入れずに過ごしています。


今日も立派なウンPをしてくれました!
食欲もしっかりあります!

食事療法開始から2週間弱。
その後もこの調子で過ごせたら
もうバンバンザイです\(^o^)/



(木道も歩いたよ♪)



IBD(炎症性腸疾患)と診断されて
ずっと薬を飲み続けた、この3年ほどの期間。

こうなってみると、
もっと私が早く行動していれば、
あずきのOPPの回数も減っていたかもしれないし、
必要じゃない薬を飲ませてしまっていたのか…
と思うと、あずきに申し訳なかった…という気持ちも。

(ネット等でネガティブな情報を受け入れちゃって
 自分で自分の首を絞めてたので自業自得ですが)
毎日悩んで凹んで、状態の良くない時には
マイナス思考バリバリで夜中に過呼吸になったりと、
一人相撲?してたな…と

遠回りしちゃったなぁ~
でも今たどり着けて良かったとも思います。

あっ今までの病院の批判をしたい訳では
全くないのですよ~!



(真剣!真顔!ブレブレ!)


今のところ食事反応性腸症という事で
落ち着いてくれそうです!

えっとえっと
これ、喜んでいいのよね?!

今まで調子いい!と喜んだと思ったら
ポンポン急降下で気分も急降下~
ってパターンを何度も何度もしているので
かなり用心深くなってます(;´▽`A``


まぁね、
残念ながら「健康体!」になった訳ではないので
その辺は浮かれず、慎重に見守っていきます!


ご心配や応援くださった皆様
ありがとうございます!


引き続きがんばっていきまっしょー!
(最後は気合の家族写真♪)

スポンサーサイト